『 こんな時、どこに相談したらよいのだろう?』

独身時代から助産師として働いていたわたしが、第一子を産んだ後に抱いた疑問。それが、相談室開設の原点でした。


この時代、ネットや育児雑誌には様々な育児情報があふれています。

お母さん方は多様な考え方やマニュアルのなかで、揺れ、戸惑うことも多いでしょう。


お母さんも、赤ちゃんも、みんなひとりひとりが違う存在。

体のくせも、性格も、好みも、みんな違って当たり前。もっと自分を感じてほしい。


妊娠も、お産も、子育ても、頭で考えることより、もっと体感するもの。

人という 自然のなかで生きるものとして、もっとシンプルに感じてほしい。

こころ と からだ の声に耳を澄ませてみましょう。


お母さんが自分らしく、笑って過ごすことができますように。

そんなお母さんのそばで、赤ちゃんが元気に成長していけますように。


私は、助産師という存在を「山登りの杖」のようだと思っています。

歩んでいる道がつらく苦しい時には、どうぞ杖があることを思い出してください。


少しでも こころ と からだ が軽くなるお手伝いができればいい。

いつもいつも、そう願っています。


オリーブ母子相談室 助産師 栁澤裕美

 

院長/助産師 栁澤裕美

Hiromi Yanagisawa

1964年1月5日 熊本生まれ

産業医科大学医療技術短期大学看護学科卒業

熊本大学医療技術短期大学助産学専攻卒業

日本医科大学付属病院 聖マリアンナ東横病院勤務

長女、長男出産後は個人病院勤務

次男出産後の2001年当院を開院

日本助産師会 会員 代議員
神奈川県助産師会 理事 副会長
神奈川県助産師会 組織強化委員長
神奈川県助産師会 災害対策委員
川崎市助産師会 理事 副会長
川崎市助産師会 災害対策担当者
神奈川県看護協会 会員
川崎市看護協会 災害救護特別委員

アドバンス助産師
日本マタニティヨガ協会認定インストラクター
日本メンタルヘルス協会基礎コース修了
しばたさとみ「ベビー&ママヨガインストラクターベーシック講座」修了
北里大学看護キャリア開発研究センター「周産期メンタルヘルスカウンセラー養成講座」修了
アーユルヴェーダ認定アドバイザー

2013年 神奈川県公衆衛生協会会長表彰

2017年 日本助産師会会長表彰

 

剣道二段

サッカー観戦大好きです。

42歳でバイクの免許を取得しました!

1女2男の母。

 
 

オリーブの木について

オリーブは、ノアの方舟の「ハトとオリーブの伝説」にちなみ、地球の繁栄、平和のシンボル。

その枝葉のモチーフは国連旗にも使われるなど、世界中で多くの人々を魅了しています。

 

オリーブの木には様々な種類があり、その葉は必ず対となっています。葉と葉の間には小さくて白い可憐な花を咲かせる姿は、まさに二人の間に愛が芽生えるようです。

観賞だけではなく食用にもなる万能の木、オリーブ。

姿・形は木によって異なる姿も、強く美しい姿も、母親そのもののよう。それぞれの環境に適しながら、陽の光を好み、乾燥に強く、しなやかな枝が風にゆれる様が私は大好きです。

強く美しく、様々な用途に応じて柔軟に姿・形を変えるオリーブ。

母も、父も、家族のきずなもオリーブのように、その時その環境に応じて、必要なように変化していくのだと思います。

04-3.jpg
 

助産師会リンク

 

Tel 044-276-9603

〒212-0025 神奈川県川崎市幸区古川町102 TMビル204
セブンイレブン古川町店2F(2Fへは階段のご利用になります)

©2020 by オリーブ母子相談室